タグ:探索 ( 41 ) タグの人気記事

2018年 06月 13日
明神崎
 重津部から北に位置する明神崎にある、賀茂神社、奥の院へ向かいます。
よほど風が強く当たるのか、立木がない、荒涼とした岬でした。
枯れた松に生えるサルノコシカケの仲間のヒトクチタケを発見。お菓子みたいな色艶です。
f0011632_09365891.jpg
f0011632_09283748.jpg


More
[PR]

by shiratori8 | 2018-06-13 09:48 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 12日
青野滝から重津部へ
 

滝を見てから重津部から海沿いの道を探索しました。
2011年、大きな時化で道路が決壊して津波で完全に壊れたそうです。
f0011632_10151360.jpg


More
[PR]

by shiratori8 | 2018-06-12 10:34 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 09日
青野滝
 4月の爺様探検隊が目指したのは田老、青野滝地区にある青野滝でした。
海岸段丘に走る車道から地図とコンパスを頼りに200m下にある沢に降ります。当然、道はなく破こぎになります。
f0011632_10543017.jpg


(´(ェ)`)さんが縄張りを主張しています、、、。
[PR]

by shiratori8 | 2018-06-09 11:16 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 17日
首崎灯台
f0011632_09032555.jpg
 三月、爺様探検隊は宮古の南に位置する大船渡市、越喜来の岬、首崎(こうべざき)に行ってきました。
林道に入りそれからは歩きます。
f0011632_09024389.jpg
f0011632_08575162.jpg
f0011632_08575036.jpg


More
[PR]

by shiratori8 | 2018-05-17 09:17 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(2)
2018年 04月 07日
畑の大穴到達その2
 狭い穴を通過すると広いホールが現れたり、枝道が幾重にも分かれた、まさに迷宮になっています。
f0011632_08161872.jpg
f0011632_08165853.jpg
f0011632_08163523.jpg
f0011632_08163573.jpg
f0011632_08163527.jpg


迷わないように、、、。
[PR]

by shiratori8 | 2018-04-07 08:54 | 街角発見 | Trackback | Comments(2)
2018年 04月 05日
畑の大穴到達その1
 三度目の挑戦。
f0011632_10532180.jpg


今回は近くに住む古老からの情報を得て、、。
[PR]

by shiratori8 | 2018-04-05 11:07 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 14日
船越半島その1
 漉磯海岸から霞露岳(かろだけ)507mの山に登ってきました。
f0011632_16573183.jpg


More
[PR]

by shiratori8 | 2017-12-14 18:07 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 11日
金糞平のオオヤマザクラ
 六月の探索は宮古の南に位置する大槌町新山(しんやま)にある、オオヤマザクラ。
樹齢は300年以上、樹高15m、胸高直径1.8mと言われています。

 新山に林立する風力発電のプロペラは風が無くてお休み状態でした。

f0011632_15171691.jpg


More
[PR]

by shiratori8 | 2017-12-11 15:29 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 09日
大谷山鉱山
 豊間根の奥、オソノエラ鍾乳洞への道を右に子コエ沢を行くと古い地図に記されている大谷山鉱山がある。人伝えによると、試掘を含め数十箇所の坑道があるという。
八月の爺さま探検隊はまたもや林道奥地へ探索です。

 道を進むと以前入った坑道から冷蔵庫の冷気のように霧が吹き出していた。
 
f0011632_87454.jpg


More
[PR]

by shiratori8 | 2017-12-09 08:20 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 16日
真木沢旧道探索
地図はここ
 真木沢橋、思案坂大橋のたもとから沢の上流に向かって旧道がある。
戦時中、軍用道路として造られた道で一般人の通行はできなかったそうです。その後、昭和32年に木の橋が竣工されたのでした。それまで村人は通称、思案坂と言われる人しか通れない急な道しかなかったのです。槇木沢橋の東にある、谷を渡る破線がその道です。

 
 槇木沢橋は昭和40年の完成なので、旧国道の木の橋は八年しか、その役目をおえなかったようです。

この滝の上に架かっていた。
f0011632_11222438.jpg


流石に橋は落ちていたが、、、。
[PR]

by shiratori8 | 2017-07-16 10:18 | 出来事 | Trackback | Comments(0)