2018年 12月 13日
冬の使者
 ふと、空を見上げると南に向かう白鳥の姿が見えました。
北国は冬本番を迎えます。
f0011632_07385749.jpg

[PR]

# by shiratori8 | 2018-12-13 07:39 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 12日
雪景色
 未明からミゾレ混じりの雪が降り、朝にはうっすらと雪景色になりました。
暫くは寒い日が続きそうです。
f0011632_16561681.jpg
f0011632_16562607.jpg
f0011632_16563617.jpg

[PR]

# by shiratori8 | 2018-12-12 16:56 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 09日
再び拾いました。
 先月拾った、続いて本日も少し破損していましたが、アオイガイを拾いました。
今度のは10センチぐらいの大きさです。こう重なって見つかるということは、、。また見つかる予感がしています。
電球でも入れたら綺麗なオブジェになりそう。
f0011632_15585488.jpg

[PR]

# by shiratori8 | 2018-12-09 15:59 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 08日
海岸で見つけた
 異人館近くの海岸で今まで見たことがない物を発見。
一見、貝殻のような物なんですが。
f0011632_08242840.jpg
f0011632_08243823.jpg


その正体は、、、。
[PR]

# by shiratori8 | 2018-12-08 08:28 | 出来事 | Trackback | Comments(2)
2018年 12月 06日
空から白いものが。
f0011632_16103721.jpg
 火曜日は21度で暑いぐらいでしたが、今日は一転、雪降りとなりました。
あすの朝は雪化粧した山が見られるでしょうか?
f0011632_16113033.jpg

[PR]

# by shiratori8 | 2018-12-06 16:12 | 出来事 | Trackback | Comments(4)
2018年 12月 04日
異人館の北側防潮堤完成
 異人館北側に小さな浜がありました。そこに建設中だった防潮堤が完成しました。
東日本大震災の津波は防潮堤がなかった、この場所からも侵入したのでした。
北方向。
f0011632_07121346.jpg
南方向。
f0011632_07125957.jpg


More
[PR]

# by shiratori8 | 2018-12-04 07:24 | 出来事 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 01日
藤ノ川海岸防潮堤完成
 異人館の北に位置する藤ノ川海水浴場に建設中の防潮堤が完成しました。
これで、歩道も規制が解除されて海岸を散歩出来るようになります。潮騒を聴きながらゆっくりとロードバイクで走りました。
f0011632_10214695.jpg
f0011632_10215504.jpg


More
[PR]

# by shiratori8 | 2018-12-01 10:26 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 01日
立丸峠(たつまるとうげ)開通のニュース
 11月29日復興支援道路と位置付けられた立丸峠が全面開通しました。
これによって、内陸遠野市と沿岸宮古市の最短ルートとなり、冬の安全な走行が実現されます。




[PR]

# by shiratori8 | 2018-12-01 10:06 | 出来事 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 29日
浮島
 異人館近く位置する藤ノ川海岸から見た風景。
閉伊崎の左に島が見えます。
f0011632_14453508.jpg


ところが25日には、、。
[PR]

# by shiratori8 | 2018-11-29 14:54 | 現象 | Trackback | Comments(2)
2018年 11月 28日
トハナ鍾乳洞探索その2
 有力な情報を得て、27日も鍾乳洞探索してきました。
しかしながら、なかなか見つかりませんね~。
野生動物の気配にドキドキ、、いつもより多めに玩具のピストルの音を出しながら前回とは違う場所を上がったり下りたり。

 (´(ェ)`)さんの爪痕。
f0011632_15360895.jpg



More
[PR]

# by shiratori8 | 2018-11-28 16:20 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)