2018年 11月 09日 ( 1 )

2018年 11月 09日
P-T境界層を探索
 今から2億5000万年前、古生代ペムル紀末に起きた生命大量絶滅が有り、その時代に生きていた三葉虫、アンモナイトなど生物の95%が死滅した。その後100万年程の無酸素状態の年を経て再び地球上に生命が誕生していったのでした。気の遠くなるような話ですが、その痕跡を示す地層が安家地区坂本林道の奥で発見されたP-T境界層を探しに爺様探検隊は元気に出発したのでした。

 奥岩泉隧道を北に向かって進む。
f0011632_09262168.jpg
f0011632_09263276.jpg
以前は漏水がひどく路面が濡れていて大変でしたが、止水処理が施されたようで乾いた状態です。これなら冬も凍結の恐れはないでしょう。



More
[PR]

by shiratori8 | 2018-11-09 09:48 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(2)