2018年 11月 02日
シラカバの林
 久慈渓流から遡り平庭高原へ向かいます。
31万本と言われる日本一の白樺の林が続きます。幹の白と紅葉が綺麗でした。6月頃にはレンゲツツジが咲き乱れ新緑とあいまって、清々しい景色を見せてくれるようです。
f0011632_10452960.jpg
f0011632_10454242.jpg




f0011632_10460603.jpg
f0011632_10461746.jpg
 道路に設置されたスノーシェッドという防雪装置。冬は吹雪になるのでしょう。
f0011632_10485858.jpg
道路脇のポールも積雪に対応して伸ばされていました。冬の準備が行われています。
f0011632_10512753.jpg


[PR]

by shiratori8 | 2018-11-02 10:51 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ijinkan2.exblog.jp/tb/30140698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nekonoheyah at 2018-11-02 12:18
白樺って、こんなに美しいのですねぇ。
Commented by shiratori8 at 2018-11-02 16:32
> nekonoheyahさん
純白という言葉が合いそうな白さです。北国を象徴する樹木でしょうね。北国の春の歌が言い当てています。


<< 冬の便り      久慈渓流の紅葉 >>