2018年 06月 16日
もうすぐ
 今月22日に宮古と室蘭を結ぶ岩手県初のフェリー航路が就航します。
国道45の宮古港入口を案内する標識が設置されました。
現在、三陸道が2020年全線開通に向けて急ピッチで整備されています。三陸は冬でも雪が積もることが少ないし、その上高速料金は無料です。
宮古から仙台まで3時間で結ばれる。来年は被災したJR山田線が復旧して三陸鉄道に移管して現在ある北と南リアス線が一本に繋がり、リアス線となります。
宮古と盛岡を結ぶ国道106は32年度に開通します。
 今まではT字だった交通網がフェリー航路が開設されることにより、十字の形になる。物流や観光に大きな変化が現われてくることになるでしょう。
これも、東日本大震災後、復興支援という形で実現される。全く夢のような気がします。マスターも頑張りますよ。

f0011632_09210342.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2018-06-16 09:21 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ijinkan2.exblog.jp/tb/29855612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< マタタビ      明神崎 >>