2017年 12月 11日
金糞平のオオヤマザクラ
 六月の探索は宮古の南に位置する大槌町新山(しんやま)にある、オオヤマザクラ。
樹齢は300年以上、樹高15m、胸高直径1.8mと言われています。

 新山に林立する風力発電のプロペラは風が無くてお休み状態でした。

f0011632_15171691.jpg





 中央に早池峰がみえます。
f0011632_15181755.jpg


 ここから標識に従って行くのですが、昨年の台風の被害で林道は壊滅状態です。
f0011632_1520996.jpg

f0011632_15205665.jpg

 熊に怯え。
f0011632_15204236.jpg


 見えました。
f0011632_1522466.jpg


 なかなか立派な枝ぶりです。
f0011632_1523375.jpg

f0011632_15231564.jpg


 金糞平(かなくそたいら)という地名の由来でもある鉄を精錬する時に出る滓があちこちに転がっています。昔はこの辺でも製鉄していたようです。

f0011632_15285638.jpg

f0011632_15301177.jpg

 
白見山の麓で製鉄。遠野物語に出てくるマヨイガのお話に通じているのかもしれません。
[PR]

by shiratori8 | 2017-12-11 15:29 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ijinkan2.exblog.jp/tb/28849881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 雪到来      大谷山鉱山 >>