タグ:探索 ( 32 ) タグの人気記事

2016年 08月 29日
森林鉄道のそ2
 今度は平津戸から門馬へ伸びていた森林鉄道。
現在もレールが残されていると言う情報から、近くの民家へ向かう。

途中、レール発見。

f0011632_15175416.jpg


当時のまま残っていました、、、。
[PR]

by shiratori8 | 2016-08-29 15:57 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 29日
森林鉄道
 JR山田線の平津戸駅から昭和9年に森林鉄道2級の森林鉄道があったとのことで、またまた探索に行ってきました。
駅からトラス橋を渡って吉部沢線。
 車の助手席に乗って、ひたすら辺りに痕跡がないか、、、、
川の中にコンクリート構造物が、橋脚跡かな?と思いましたが違うようです。しかし、鉄筋のかわりにレールが使われています。

f0011632_14314471.jpg


さらに吉部沢林道の奥へ奥へ、、、。
[PR]

by shiratori8 | 2016-08-29 15:11 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 06日
幻の滝  高滝
 大槌町金沢の奥、折合沢にある、滝を探索しました。
平成4年まで地形図に記載がなかったために、幻の滝と言われていたのですが、地元では昔から信仰の対象として高瀧観世音が祀られていました。

 未舗装路の林道を走る。途中には昔、使われていた作業小屋があります。
f0011632_17424059.jpg


More
[PR]

by shiratori8 | 2016-07-06 18:18 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 09日
白糸の滝
 豊間根、大川、南ノ又沢にある白糸の滝。
高さはあまりないですが、水量は十分。船越で入定した秀全もここで修行を行なったと云われています。


f0011632_111231.jpg

f0011632_113131.jpg



[PR]

by shiratori8 | 2016-06-09 11:04 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 09日
豊間根、荒川、小川の奥平沢に在るという石碑探索
  享和4年(1804年)建立の大日如来碑にイエズスを意味する J をもじったマークが彫られているという。
なかなか見つからなくて、帰る途中なにやら四角い石を発見。その隣にありました。人里離れた場所になぜ大日如来碑があるのか、、。隠れキリシタンが密かに拝んだのかも知れない。真実は闇の中。
 
f0011632_959298.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2016-06-09 09:59 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 09日
激が岩屋(ゲキガイワヤ)
 寛永二十年(1643)豊間根で隠れキリシタンと私銭鋳造という罪で子供を含む15人が処刑される事件があった。
 荒川福士の奥北の又に、その人達が、偽金を造ったと伝えられる激が岩屋を探索しました。

ここで車を置いて右の林道を行きます。

f0011632_804460.jpg


More
[PR]

by shiratori8 | 2016-06-09 08:19 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 01日
多久里滝
  朝早くから豊間根の荒川方面へランドナーで向かう。ここからは砂利道の林道。山椒の実を取ったり滝の写真を写したりしながら、更に林道を遡った。
沢に降りて写真を撮っていたら、突然『 パーン 」という音が谷に響きわたった。誰か熊避けに花火を鳴らしたのかと思いながら自転車に戻ると、何と前輪のタイヤがバーストしている。走り出す時、少しタイヤのサイドが傷んでいるとは思ったけれど、砂利でサイドを切ったのでしょう。
  パンクなら修理は出来るのですが、バーストは無理。こんな山奥では携帯は圏外。この後どうしたものか?
しかし、何とアンテナが立ちました。友人に林道を歩いているから、拾ってくれるように依頼。
 昔の話ですが、そんな時は草をタイヤに詰めて走る、なんて事を思い出しながら林道を歩いて降りました。
まったく後悔は先に立たずです。

f0011632_1829969.jpg

f0011632_18292371.jpg


滝の周辺が変わっていました、、、。
[PR]

by shiratori8 | 2016-06-01 18:33 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 30日
十三仏の滝
 南川目にある、十三仏の近くにある名も無き滝を目指して沢を遡りました。同行者の友人がこの沢ではなかったかも?と不安気につぶやいた頃にその滝は姿を現したのでした。
その存在感は半端ではありません。落口の下に滝壺があり、そこから広い斜面を静かに流れ落ち、その流れを三段目の滝が流れを集めています。カジカの鳴き声が辺に響いてとても
気持ちの安らぐ空間でした。
f0011632_11403273.jpg


More
[PR]

by shiratori8 | 2016-05-30 11:43 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 28日
オソノエラ鍾乳洞探索 番外編
 洞窟を発見の前回にオソノエラノ沢を探索中のマスター。
f0011632_10564375.jpg


More
[PR]

by shiratori8 | 2016-04-28 11:14 | 出来事 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 12日
オソエラ鍾乳洞 完結
 マスターは三回目、相棒は二年越しの五回目にしてオソエラ鍾乳洞発見しました。

二人で今までの情報を精査してあそこにあると思うと結論に達し、いつも車を置く所まで到着。そこには一台の軽トラが止まっていました。その方に洞窟の話をして、大体この辺ではと聞いてみると、もっと先だと言う、、。そこまで案内するとの言葉に、安堵しながら歩を進めました。昔はあの辺に鳥居があったとか。あのヒラ(斜面の方言かな)を100~200メートル上がったところとのお話。
 早速、二人の探索隊は道なき山を登ることに。
f0011632_1632459.jpg


今、来た沢を振り返ると、、、。
[PR]

by shiratori8 | 2016-04-12 17:23 | 街角発見 | Trackback | Comments(2)