<   2017年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2017年 07月 25日
禰々子森を見たくて。
 南川目から東金沢壷倉牧場を目指してました。
林道はダートなので、暫くぶりにランドナーの出番です。

f0011632_1473679.jpg


南川目の最後の民家を過ぎ、、。
[PR]

by shiratori8 | 2017-07-25 14:30 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 23日
梅雨
 宮古市は空梅雨ですが、ここ数日は流石に雨が続いています。
ロードバイクのコースに咲くタチアオイ。てっぺんまで花が咲いたら梅雨明けになるという言い伝えがあると言う。

 
f0011632_10311340.jpg


この日は、、。
[PR]

by shiratori8 | 2017-07-23 10:35 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 23日
海王丸
 昨日見に行ってきました。
今日はセイルドリルの予定でしたが、雨天のため船内見学に変更されました。

f0011632_108219.jpg


ロードバイクで、、。
[PR]

by shiratori8 | 2017-07-23 10:09 | 出来事 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 21日
帆船 海王丸が寄港
 紺青(こんじょう)と名付けられた船首像は宮古市の神社にあったケヤキが使われています。
日程など詳しくは宮古市のページでご覧ください。

f0011632_114289.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2017-07-21 11:04 | 出来事 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 16日
真木沢旧道探索
地図はここ
 真木沢橋、思案坂大橋のたもとから沢の上流に向かって旧道がある。
戦時中、軍用道路として造られた道で一般人の通行はできなかったそうです。その後、昭和32年に木の橋が竣工されたのでした。それまで村人は通称、思案坂と言われる人しか通れない急な道しかなかったのです。槇木沢橋の東にある、谷を渡る破線がその道です。

 
 槇木沢橋は昭和40年の完成なので、旧国道の木の橋は八年しか、その役目をおえなかったようです。

この滝の上に架かっていた。
f0011632_11222438.jpg


流石に橋は落ちていたが、、、。
[PR]

by shiratori8 | 2017-07-16 10:18 | 出来事 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 10日
鵜の巣断崖隧道探索
 探索の時の写真とは季節が違いますが、鵜の巣断崖とは200mの海岸段丘が続いている所です。
眼下にある真木沢海岸から北の日池海岸まで五つの手掘り隧道が遊歩道として続いている。
 震災で50cm地盤沈下しているのでここを歩くには、事前に潮汐情報、波の高さなどを調べないといけません。
 
f0011632_1663629.jpg

f0011632_166483.jpg


More
[PR]

by shiratori8 | 2017-07-10 16:46 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 10日
テラス設置
 広くなった駐車場に、またまたテラスを設置しました。

f0011632_1547920.jpg


ウッドデッキならぬ、、。
[PR]

by shiratori8 | 2017-07-10 15:52 | 異人館 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 04日
いちご煮
 岩手のお隣青森県の名産にいちご煮があります。
ウニを使ったお吸い物なのですが、なんでイチゴ?

乳白色の汁の中に沈む黄金色のウニの姿が、
“朝もやの中に霞む野いちご” のように見えることから
名付けられたそうです。

いちご煮とはこちらで

 イチゴと言ってもそれはキイチゴなんですね~
ロードバイクで休憩に道端に成っているので、マスターのオヤツになっています。

f0011632_1627733.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2017-07-04 16:25 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 01日
北川目から腹帯へ
 昨年の台風の時、国道106号が通行止になりました。そのエスケープルートとして使われた道ですが、それ以前は通行止でした。いったいどうなっているのか、ロードバイクで走って来ました。

 この道はかつて、山田町から豊間根、南川目北川目、腹帯へ抜ける浜街道でしたが、今はほとんど利用されていません。途中には、石碑の表記があるので、それを見るのも、もう一つの目的です。

北川目の褶曲した岩床。

f0011632_850579.jpg


そして、、。
[PR]

by shiratori8 | 2017-07-01 09:13 | 自転車 | Trackback | Comments(0)