<   2006年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2006年 03月 30日
うさぎ
f0011632_19403686.jpg

 今日は朝から冷たい風が強くて海は波が立ち、波頭が白く砕けていました。
風速10㍍を越えると。このように白波が立つ状態をウサギが跳んでいるといいます。
[PR]

by shiratori8 | 2006-03-30 20:42 | 自然 | Trackback | Comments(10)
2006年 03月 30日
なごり雪
f0011632_1850529.jpg
 
    29日朝。
 28日の夜、雨の音で眠りについて29日、目を覚ましてみると遠くの山に雪が積もっていました。
 宮古では冬と春の綱引きの勝負はまだついていません。 

 
[PR]

by shiratori8 | 2006-03-30 19:37 | 自然 | Trackback | Comments(2)
2006年 03月 27日
二つの太陽
f0011632_21402517.jpg

 空には春の太陽、海にはそれを映した太陽、二つの太陽の輝きが異人館を包みます。
空と海の輝きを浴びて、生き物の目覚めの季節になりました。
   
       窓と室内、それぞれの露出の写真を2枚合成しました。
[PR]

by shiratori8 | 2006-03-27 21:49 | 異人館 | Trackback | Comments(14)
2006年 03月 26日
月昇る異人館
f0011632_1432319.jpg

 重茂(おもえ)半島から月が昇り宮古湾を照らします。
車を止めてお月様を眺める気持ちを持っていただきたいです。
 異人館でコーヒーを飲みながら、、。

異人館の下の岸辺では、、。
[PR]

by shiratori8 | 2006-03-26 14:40 | 異人館 | Trackback | Comments(4)
2006年 03月 25日
シタミ(スダミ)
f0011632_2028343.jpg

 この食べ物が何だかわかるでしょうか?
岩手ではこれをスタミといいます。
 この正体は、ドングリなんですね。
北上高地では昔は稲作に適した土地が無くて山のドングリやトチの実を食べたのです。
このようにして食べるには、あく抜きが大変なようですが、ドングリは殻がついた状態で茹でて乾燥させると10年は保つそうです。
 飢饉に備えて備蓄したのでしょう。
食べるときはきな粉と砂糖をかけて食べます。
 肝心な味は、ムー、、、。可もなく不可もなく。
 お米の半分ぐらいのカロリーがあるらしい。
 昔の人の知恵は素晴らしい。
[PR]

by shiratori8 | 2006-03-25 20:38 | 食べ物 | Trackback | Comments(127)
2006年 03月 24日
春来る
f0011632_1782339.jpg

 三陸海岸にもやっと、遅い春がやってきました。
クロッカスを撮影していると、何処からともなくミツバチがやって来て、久しぶりの対面をしているように感じました。
 ミツバチも越冬から目覚めたのでしょうか?グッとタイミングでね。ありがとう。
[PR]

by shiratori8 | 2006-03-24 17:13 | 自然 | Trackback | Comments(8)
2006年 03月 23日
うねり
f0011632_1413036.jpg

 月の光が波のうねりにうごめき、まるで、動き回る龍の光る鱗のように光り輝いていました。
[PR]

by shiratori8 | 2006-03-23 14:15 | 自然 | Trackback | Comments(4)
2006年 03月 22日
牡蠣
f0011632_2037837.jpg

 異人館の下の岩場には牡蠣がたくさんあります。
今が牡蠣の食べ頃ですね。海のミルクと呼ばれるのも、頷けます。
 ちなみに、殻付き牡蠣の生産日本一はお隣の山田町です。知らなかった、、。

岩場、、。
[PR]

by shiratori8 | 2006-03-22 20:44 | 食べ物 | Trackback | Comments(8)
2006年 03月 17日
蒼の浄土ヶ浜
 ⇩と同じ日の夕方の浄土ヶ浜。WBをタングステンにして青味を強調してみました。
f0011632_2050467.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2006-03-17 20:52 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(5)
2006年 03月 17日
太陽の贈り物
太陽の暈
流浪人の庵さんの写真を許可を得て載せました。
朝日を暈が包み、さらに幻日が両側に現れています。また、暈の上部には上部タンジェントアークと呼ばれる現象が見えます。
 このように見えるのはなかなかありません。
他に、鳥取県の大山から昇る朝日の写真もありますから、是非、訪れてご覧ください。
f0011632_1721232.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2006-03-17 17:19 | Trackback | Comments(8)