<   2006年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2006年 01月 29日
月光と潮騒
f0011632_1733884.jpg

 夜の潮騒は月が奏でる。
[PR]

by shiratori8 | 2006-01-29 17:34 | 自然 | Trackback | Comments(6)
2006年 01月 26日
絵の中の異人館
f0011632_23163919.jpg

 18年前、異人館が建てられた時に、宮古の絵の先生に描いていただいたものです。
油絵というより水墨がのタッチに似ていると、話す方もおりますが、絵画のことはサッパリわからないので、そんな時は、なるほどと頷くマスターなのでした。
[PR]

by shiratori8 | 2006-01-26 23:23 | 異人館 | Trackback | Comments(12)
2006年 01月 24日
のぼせる
f0011632_1744846.jpg

 今の三陸海岸の食べ物は毛ガニが旬です。
北海道が有名ですが、宮古の毛ガニも身が詰まっていて美味しいですよ。
 塩を入れた湯の中に甲羅を下にして15分から20分茹でたらできあがり。

 さー、湯気が漂ってきたでしょう。
 遠慮なく、熱いうちに、ささ、どうぞ。

毛ガニと言えば、、。
[PR]

by shiratori8 | 2006-01-24 17:51 | 食べ物 | Trackback | Comments(21)
2006年 01月 22日
コニカミノルタ、カメラ撤退
f0011632_2301287.jpg
f0011632_2302149.jpg

 遂に、コニカミノルタがカメラ部門から撤退を発表した。
来るべき時がやって来たが、αレンズのデジタルカメラがソニーから夏に出るらしい。
これも時代の流れと言ってしまえば、簡単ですがミノルタ党とすれば、残念でならない。α7Dも良いカメラだし、もう手にすることはないのかなー。
 
 写真はXD-s。世界初のシャッター、絞り両優先で、ブラックのアルマイト塗装の手触りが、何とも言えない。
[PR]

by shiratori8 | 2006-01-22 23:13 | カメラ | Trackback | Comments(12)
2006年 01月 20日
異人館鳥瞰図
f0011632_22423255.jpg

 いつも飛んでいるカラスやトンビの気持ちが、少しわかったような気がした。

源氏物語風に、、、。
[PR]

by shiratori8 | 2006-01-20 22:53 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(17)
2006年 01月 18日
海の小判
f0011632_22562436.jpg

 鮑が三陸海岸の風に黄金色に輝き揺れて干鮑(かんぽう)ができあがります。
中国に輸出されて、どんな人が食べるのでしょう。
 これぐらいで、何十万、いや何百万円になるのかな?
[PR]

by shiratori8 | 2006-01-18 23:10 | 食べ物 | Trackback | Comments(18)
2006年 01月 16日
秘技、振り回し
f0011632_22652.jpg

 田舎には華やかなイルミネーションがないので、都会に負けないような人造イルミネーションを造ってみました。
 名付けて秘技振り回し撮影。
 たんなる、カメラを動かしているだけです。期待された方には、

   おもっさげなごぜんす。⇦宮古弁で申し訳ありません。

こんなものも、、。
[PR]

by shiratori8 | 2006-01-16 22:15 | 街角発見 | Trackback | Comments(8)
2006年 01月 14日
彩雲
f0011632_1527474.jpg

 夕焼けの雲が彩雲となって冬の短い昼の終わりを告げていました。
以前の彩雲はこちらでどうぞ。
万葉の昔から吉兆とされ、年号が変わったと言う現象ですが、たびたび見られます。
[PR]

by shiratori8 | 2006-01-14 15:33 | 自然 | Trackback | Comments(6)
2006年 01月 13日
太陽柱
f0011632_22233679.jpg

 9日、太陽が沈む、、、。
山の向こうにある太陽の光が真上に伸びた。
これが太陽柱と喚ばれるものです。
雲間の後光や天使の梯子とは違って蝋燭の炎のイメージを思い浮かべてください。
[PR]

by shiratori8 | 2006-01-13 22:29 | 自然 | Trackback | Comments(15)
2006年 01月 11日
お迎え
f0011632_16521217.jpg

 先月の満月の夜、浄土ヶ浜に、かぐや姫のお迎えの月からの光の道が舞い降りました。
 そんな風に見えませんか?実際には見えなかったのでレンズのフレアーなのでしょうが、場所が場所だけにそう思われてしかたがありません。

一度ならず、、。
[PR]

by shiratori8 | 2006-01-11 17:00 | Trackback | Comments(16)