2008年 10月 16日
ベール
 少し前の写真ですが、朝、異人館の対岸は霧が立ち込める時があります。
朝日が当たると輝き、やがて消えてしまうのでした。
f0011632_18484244.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2008-10-16 18:49 | 自然 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/9397732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マチャ at 2008-10-18 00:28 x
朝の霧、なんか物々しいですが、こんな朝の日って昼は天気良いんですよね!
なんか山が食べられてる感じです!!
Commented by hakutou5 at 2008-10-18 14:51
真綿のようなものがすーっと流れていくのが見えるようです。
幻想的な風景ですね。
Commented by neko-maneki at 2008-10-18 15:56
朝靄がかかっているのはこちらでもよくありますが、海の霧はそれと違って幻想的ですね。
なんか生き物みたいです。
沖にいる小さな漁船が飲み込まれてしまいそう~
Commented by shiratori8 at 2008-10-31 10:10
マチャ さん。
 そうですね。この日もその後、霧が晴れて良い天気になりました。
海に山が迫る三陸海岸ならではの景色です。
Commented by shiratori8 at 2008-10-31 10:13
hakutou5さん。

 高い山ではよく出くわしますが、400メートルぐらいの山が海のそばまで迫っているので、このような霧がでやすいのかもしれません。
Commented by shiratori8 at 2008-10-31 10:15
neko-manekiさん。

 内陸の霧とはまた違った趣があるでしょう。
牡蠣の養殖作業中の漁船です。


<< 血の池      満月映す浄土ヶ浜 >>