2008年 10月 03日
光り満ちて
 浄土ヶ浜での昆布干しが行われています。
昔、宮沢賢治が詠んだ歌
 

   うるわしの
   海のビロード 昆布らは
   寂光のはまに 敷かれひかりぬ

 それは、このような風景だったのでしょうか、、。

f0011632_152557100.jpg




f0011632_152650100.jpg

  昆布が日の光を浴びて、光っているところ。
あたりは磯の香りが満ちていました。
f0011632_15285030.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2008-10-03 15:42 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/9256810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hakutou5 at 2008-10-04 16:50
浄土ヶ浜は綺麗な石の浜でコンブ干しには最適ですね。
美味しい昆布が出来上がることでしょう。
Commented by shiratori8 at 2008-10-07 10:35
hakutou5さん。
  昔はもっと沢山の昆布が干されていました。
昆布の下の砂利が感想を手助けしてくれるのだと思います。


<< キャンドル      気嵐の朝 >>