2007年 12月 24日
 気嵐の浄土ヶ浜
 まだ暖かい海面に冷たい風が吹き下ろすことによって水蒸気が湯気のように立ち上る。
やがてそれは、空に向かって次々と消えてゆく。
 冬の浜には人影もなく、時折ウミネコが鳴き交わして静寂を破るのでした。
f0011632_12282790.jpg




f0011632_12292153.jpg
f0011632_12293159.jpg
f0011632_12294133.jpg
f0011632_12295284.jpg
f0011632_1230214.jpg
f0011632_12301668.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2007-12-24 12:30 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/7125462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hakutou5 at 2007-12-24 15:05
同じような現象は川や池でも起こるようですが、
やはり海はスケールが大きいですね。
寒々とします。
Commented by narugami_626 at 2007-12-24 18:17
気嵐が浄土ヶ浜という場所によって、
とても幻想的、神秘的に感じます^^
Commented by かほパパ at 2007-12-24 22:05 x
一面に立ち込む水蒸気が、幻想的な雰囲気にしていますね。
こういう写真はやっぱり早起きしないと撮れないのかな~?(早起きが苦手なもので^^;)

Commented by neko-maneki at 2007-12-26 10:00
一度生で見てみたい現象ですね。
朝早くないとだめですよね?
22日に三王岩まで日の出を撮りに行ったのですが、残念ながら見られませんでした(^^;)


<< 正月準備      輝き >>