2007年 11月 06日
忍び寄る
 今回は新たな建物を見つけました。
近所の方のお話ではどんどん蔦に覆われているそうで、今後どうなるのか楽しみです。
f0011632_1603178.jpg




 流石に硝子は苦手らしく木製の桟から覆われて。
f0011632_1625470.jpg
f0011632_163584.jpg

 毎年お届けしている建物は、、、。
f0011632_164286.jpg
f0011632_164182.jpg
f0011632_164304.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2007-11-06 16:04 | 自然 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/6777596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by narugami_626 at 2007-11-06 19:17
徐々に蔦が、建物を覆っていく様子というのは、
思った以上に迫力があると感じました^^
赤く染まった葉が、印象的です。
Commented by OCCO at 2007-11-07 01:33 x

宮古のわがやもツタにからまれました。
うちは30年も前の家なのでモルタルづくり。
ぼくはかっこいいじゃんと思っていましたが、
ツタは壁のよくないそうで
親父がすべてとっぱらいました。
しかしすでに逝って7年。
またツタの絡まる・・・がはじまっています。
Commented by shiratori8 at 2007-11-11 21:25
◆narugami_626さん、
 定点観察でコマ撮りしたら面白いかもしれませんね。
Commented by shiratori8 at 2007-11-11 21:27
◆OCCOさん、
壁に良くないとよく聞きますが、本当にところはどうなんでしょうね。
西洋のお城なんかは、よくありますね。


<< 最終列車      落ち葉の浄土ヶ浜 >>