2007年 09月 05日
下弦の月の浄土ヶ浜
 3日は下弦の月でしたが、写真に写すと月はまん丸。
浄土ヶ浜の岩を浮かび上げるためには仕方がありません。
f0011632_20335842.jpg
f0011632_2034976.jpg

 渚の濡れた石が月の光に照らされて妖しく光っています。




 それは、波打ち際から少し上にありました。
誰の仕業でしょう?
 一辺が1.5メートル位の海草で四角い形に描いたような模様があったのです。
やはり浄土ヶ浜には何かがあるのでしょうか。
f0011632_20454220.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2007-09-05 20:45 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/6282542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by narugami_626 at 2007-09-05 21:08
月の光を反射する海面、石の柔らかい煌き…
全てが幻想的で、美しく、引き込まれました^^

最後…ホント、何かがありそうですね。
Commented by shiratori8 at 2007-09-06 17:23
◆narugami_626さん、
 写真ではこんな感じなのですが、実際人の目で見ると下弦の月が何故か寂しく感じられました。
何かありそうでしょう、、。
Commented by 海猫屋 at 2007-09-07 16:20 x
 きっと、遠い遊星からUFOでやってきた宇宙人たちが、若い頃の四畳半生活を思い出して語り合ったのではないかと思うのです。
Commented by shiratori8 at 2007-09-16 22:35
◆海猫屋さん、
 そうですね。でもマスターはまだUFOを見たことがないのです。
浄土ヶ浜で見られたら神秘的でしょうね。


<< 浄土ヶ浜でTV取材      皆既月食 再掲載 >>