2007年 07月 09日
剣ノ山のお花畑
 剣ノ山の麓では、スカシユリがオレンジの花を海風に揺れながら咲いています。
お花畑を見るためには、貸しボートやスワンボートで剣ノ山に近づくと白い岩肌にしがみつくように咲く姿を見ることが出来ます。
 花の上の岩が剣ノ山の頂上です。
f0011632_1658695.jpg




f0011632_16594422.jpg
f0011632_170289.jpg
f0011632_1701352.jpg

 ハマニラの花。対岸が遊歩道です。
f0011632_1712467.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2007-07-09 17:02 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/5840724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by narugami_626 at 2007-07-09 19:53
岩肌に咲く花を見ると、
植物の、花の逞しさ、力強さを感じます。
生命力に溢れていますね^^
Commented by 海猫屋 at 2007-07-09 20:18 x
 異様な岩塊と、その隙間を埋める緑と花の風景は、高山の森林限界以上の標高の風景に似ていますね。
 平地や里山とは、なにか根本的に違う自然ですね。
Commented by hakutou5 at 2007-07-10 17:55
剣ノ山が前衛的な花器にも見えますね。
白い岩肌に透かしユリが似合っています。
Commented by shiratori8 at 2007-07-11 14:13
◆narugami_626さん、
 昨年の大時化で波が何度も越えた場所なのに、よく咲いたものだと思います。
本当に自然の植物の生命力には驚かされます。
Commented by shiratori8 at 2007-07-11 14:17
◆海猫屋さん、
 確かに樹林限界を越えた高山の趣がありますね。
この花達が何年にもわたって花を咲き続ける姿には一種、尊敬の念がおこります。
Commented by shiratori8 at 2007-07-11 14:23
◆hakutou5さん、
 なるほど剣ノ山を花器にたとえられましたか。
岩の割れ目のわずかな土、鳥や風に運ばれた球根によりこのような景観を形作っているのです。
 自然界の偶然でしょうね。


<< 星への願い      霧の彼方へ >>