2007年 04月 02日
朧月の浄土ヶ浜
f0011632_22201693.jpg

今日は黄砂が春の空を覆っていたので、浄土ヶ浜に黄砂に煙る月を撮影に行きました。
 しかし、月が低い雲に隠れて昇ってくるのが分からない。
時間つぶしに浜を歩いてみると波打ち際に何かある。近寄ってみると、それは花束でした。それも、紫系のラッピングがされた菊やユリの花、、これって慰霊のための花束では?
 誰かが置いたのか、どこからか流れ着いたのか?
ちなみに、近くのは帽子も落ちていたんですよ。
 気を取り直して、帰り道。
港を通るとさっきから待っていた月が昇ってきました。
f0011632_22312217.jpg




f0011632_2233329.jpg

 黄砂と雲がかかった月が浮かんでいた。
[PR]

by shiratori8 | 2007-04-02 22:33 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/5041539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by いつも見てます at 2007-04-02 22:59 x
名も知らぬ 遠き渚より
流れ来たる 花と帽子
安らかなれと 祈る春の浜辺にて
心より 合掌・・・。

空に浮かぶ月も、
人知れぬ悲しみを、
やさしく包むかのようです。

今日の写真を見てたら、
NHKで昔やっていた、
「新日本紀行」という番組を連想しました。
Commented by endunham at 2007-04-03 00:54 x
昨日、今日はもしかしてお月様は満月だったのでしょうか。今朝犬の散歩で出かけた際に大きなまあるいお月様を見かけました。カメラを持っていたらなーと後悔です。
黄色もしくは、セピアのフィルターをかけたように仕上がった写真ですね。やっぱり、幻想的としか表現できない、そんな浄土ヶ浜だなと。

それにしてもミステリーな花束ですね...。
Commented by あぶらっこ at 2007-04-03 10:01 x
マスター!おはようございます。
一度帰られて再度挑戦するとは、さすが根性がある(笑)。
バッチリ撮れてますね、三枚目の海上の灯りは?。

花束をやはり撮りましたね・・・・。

Commented by じん at 2007-04-03 12:04 x
3枚とも心に沁みてきます。
なかでも赤灯台の明かりがいいですね。
Commented by かめ at 2007-04-03 16:44 x
その帽子、触っちゃいましたよ。
アーこわ!
Commented by narugami_626 at 2007-04-03 20:26
花束、少々ドキッとしてしまいますね。
今年の黄砂はかなり凄いですね。
ですが、月と合わさると、幻想的な雰囲気に感じました^^
Commented by shiratori8 at 2007-04-04 22:21
◆いつも見ていますさん、
帽子も花も真実はきっと浄土ヶ浜だけが知っていますね。
新日本紀行のテーマ音楽を聴くと、何故がジーンときます。
Commented by shiratori8 at 2007-04-04 22:26
◆endunhamさん、
 朝に西の空に見える有明の月。それも、なかなか風情があります。
黄砂の影響で少しセピア色に仕上がりました。いめーじに合ったのは最初に撮った二駒だけでした。
Commented by shiratori8 at 2007-04-04 22:30
◆あぶらっこさん。
 最初の帰りがけに昇る月を見たので、再び浜を訪れました。
花束が呼んだのかな?
Commented by shiratori8 at 2007-04-04 22:37
◆じんさん、
 鍬ヶ崎の赤燈台と月の光、鉛直線上に揃えるかどうか迷いました。
揃えた方が良いものでしょうかね。
Commented by shiratori8 at 2007-04-04 22:40
◆かめさん。
 大丈夫。その前に触った人がいますから。
Commented by shiratori8 at 2007-04-04 22:47
◆narugami_626さん、
 まったく、どうゆう花束だったのでしょう?
水に濡れると溶けるひもで結んだら花束がバラバラになって人の目に触れてもドキっとしないのにね。
 そちらの方では黄砂の影響が凄いようで、大変ですね。
Commented by Fbahqgow zagb at 2007-04-29 07:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 月光の渚      31日のお客様 >>