2006年 12月 01日
モミジ
 雨に濡れて、、。
f0011632_1594764.jpg




 ハンテンボクが秋の日を透かして輝く。
 
f0011632_15111676.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2006-12-01 15:11 | 自然 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/3943891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hp-amg2 at 2006-12-01 16:59
モミジきれいです
まるで着物の小紋の柄のようです
Commented by 胡麻悟朗 at 2006-12-01 18:49 x
今週日曜日にお店に寄り、浄土ヶ浜でのボート乗りを薦められた者です。
その節は大変お世話になりました。あの助け舟が無ければ、そのままあの周囲を回って
宮古を去っていたでしょう。
ボート屋のご主人から聞いていると思いますが、初めてのボートでやはり知らないと言
うのは怖い物で、途中の浅瀬を知らずに通り抜けていました;;。
何故にここだけ渦巻くのかと見やると「うほっ」真下に岩礁がw。

Commented by 胡麻悟朗 at 2006-12-01 18:51 x
ともあれ何事も無く通り過ぎまして、浄土ヶ浜付近で何を狂ったのか上陸w。
2,3枚写真を撮ってさぁ帰ろうとしたらボート見張り番の人に心配されしま
いました。
よく怒られなかったものだと、自分でも反省。
また上陸したは良いものの、上げ潮なのか小さなボートはなかなか外に出
てくれません。

船はひっくり返りそうになるし、デジカメをお釈迦にする所でした。いやぁ
知らないって
本当に素晴らしいですねw。船の向きを変えてやっと元の水面へ脱出。
Commented by 胡麻悟朗 at 2006-12-01 18:52 x
それでもまだ時間はあるとゆっくりしていましたが、今度は急に辺りが暗く
なってきました。
ヲイヲイ、これは不味いぞ。と流石に乗り場に引き返します。見張りの人も
先ほどの岩礁に気をつけてと言って下さり(実はロープで引っ張っていきた
かったんじゃないかと思いますw)急いで岩礁に注意しながら帰りましたw。

さっきまで他にもいた釣り客のボートもいつの間にか消えていて、余程見張り番の人も
さっさと帰りたかったのかも知れません。本当にご迷惑掛けました。
Commented by 胡麻悟朗 at 2006-12-01 18:53 x
ここでの浄土ヶ浜月光の舞の写真を見ても、また撮影に来たい場所になりました。
またいつか磯雑炊をいただきに参ります。
Commented by narugami_626 at 2006-12-01 20:41
真っ赤なモミジ、今年は出会えませんでした^^;
雨に濡れ、しっとりした感じが良いですね♪
Commented by shiratori8 at 2006-12-03 00:01
◆イヌさん、
 確かに着物の柄にピッタリかもしれませんね。
モミジといっても色は様々ですがこの木の落ち葉はとても赤が綺麗でした。
Commented by shiratori8 at 2006-12-03 00:04
◆narugami_626さん、
 雨に濡れたモミジもまた、一興です。
みちのくも長い冬になります。色が少ない季節になりますがなんとか、色を感じさせる写真をtろりたいと思っています。
Commented by shiratori8 at 2006-12-03 00:23
 胡麻悟朗さん。
  三陸海岸、いや、岩手県の旅はいかがだったでしょうか?
浄土ヶ浜の景色も時間によって変わります。ボートに乗って回ることで身近に体験されたことはなによりでした。
 旅は地元に人との会話で大きく体験が膨らみます。
今回、マスターと会話することによって宮古、浄土ヶ浜の日中とは違った顔が見ることが出来て大変嬉しく思います。
 やはり、旅に出たら地元の人と先ず今日はと、声を掛け、兎に角誉めることです。美味しそうな野菜ですねとか、そうすると気楽に話が弾んで面白い場所を教えてくれるものです。
 本州最東端のトドが崎燈台など、本当に素晴らしい自然がたくさんあるのでまた。お友達と、いらしてください。
 口コミが一番です。是非三陸海岸の素晴らしさをみなさんに伝えてくださいね。
 またのお越しを楽しみにしています。
それまで、マスター写真館をお楽しみ下さい。コメントもよろしく。


<< 太陽柱      ネイルアート >>