2006年 11月 05日
月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月
 昔の人が月という文字を多く入れた短歌を競った中の一つ。
歌に限らず、十三夜と今夜の月はまた違った顔を見せてくれました。
 浄土ヶ浜の剣の山に懸かる月。
f0011632_23273828.jpg




f0011632_23284686.jpg
f0011632_23285459.jpg
f0011632_2329358.jpg
f0011632_23291175.jpg
f0011632_23292021.jpg

 月に雲が懸かると一段と風情が出ますね。
[PR]

by shiratori8 | 2006-11-05 23:30 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/3711984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by いつも見てます at 2006-11-06 15:33 x
5枚目の写真、最高ですね。
この時期、浄土ヶ浜観月会と銘打って
観光イベントを開いてもよいのでは?
Commented by shiratori8 at 2006-11-07 00:11
◆いつも見ていますさん、
 5枚目、月に少し雲が懸かった写真ですね。
雲があるとないとでは写真が変わります。そういっても、人間の都合で雲が流れてくるわけでもないので、その辺が難しいところです。


<< 月を愛でる      十三夜の浄土ヶ浜 >>