2006年 10月 22日
時化の前後
 右が時化の後の浄土ヶ浜の水ぎわが後退した状況。
何年かすると、また元通りに変わるのです。自然の力には逆らえないですね。
f0011632_19482092.jpgf0011632_19483216.jpg
[PR]

by shiratori8 | 2006-10-22 19:49 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/3610619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kotokoto_01 at 2006-10-22 21:10
沢山の石が波にさらわれたってことですよね!?
自然の力をこんな形で見たのは初めてです。すごいパワーです。
岩が遠くなってしまいましたね・・・
Commented by narugami_626 at 2006-10-23 20:37
これが優しいばかりじゃない、自然の力ですね。
私も先日、山間部へ行ったのですが、7月の豪雨での復旧工事(主に道路)をしていました。
Commented by shiratori8 at 2006-10-24 16:46
◆kotokoto_01さん、
そうです。波の力で石が動いてしまいました。
波は疲れ知らずで二日に渡って打ち寄せたんです。自然の凄さを感じますね。
Commented by shiratori8 at 2006-10-24 16:52
◆narugami_626さん、
  優しくもあり、時には激しい自然と向き合って生きていくしかないですね。
 こちらでは雨の被害はあまり多くないのですが、時化や、津波による被害が多いのです。その土地に住んでいる人の宿命なのでしょう。


<< トチの実      17日のお客様 >>