2006年 10月 08日
時化の浄土ヶ浜
 いつのも綺麗な浜が、唸りをあげている。
まるで、地獄の釜が開いたようです。昨日だったらどんなに凄かったのか、、。
 でも、風と雨でとても撮影所ではなかったでしょう。
写真の緑は芝生でその中に白い石が点々と、、。そう、向こうの浜にあった石がここまであると言うことは、ここまで波が洗ったと言う証です。
f0011632_1940111.jpg




f0011632_19411555.jpg
f0011632_19412540.jpg

動画はこちらから。
 奥のあるのが以前、写した浄土ヶ浜レストハウスです。
f0011632_19435059.jpg

 その左の山を越えて波が滝のように落ちた跡がこの写真。
滝壺も出来ていました。
f0011632_19461553.jpg

 岩と岩の間の向こうに、、。いつもは霧状に吹き上げる潮吹き穴が水柱になっています。50メートルは上がっているようです。
f0011632_1955491.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2006-10-08 19:57 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/3508303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hakutou5 at 2006-10-09 16:55
いつもの浄土ヶ浜とは雰囲気が違うようですね。
彼方此方で遭難や座礁などがあったよう大変です。
Commented by narugami_626 at 2006-10-09 20:26
かなり時化たみたいですね。
美しいだけじゃない、自然の恐ろしさでもありますね。
Commented by いつも見てます at 2006-10-10 13:21 x
しかし、見れば見るほど凄い・・・。
下の記事も合わせて見ると、
今回の大波、冷静に考えてみたら、
台風並みというより、
準津波級といった方が的確では?
Commented by shiratori8 at 2006-10-10 16:57
◆hakutou5さん、
 浄土ヶ浜も地獄になるときがあるのですよ。
海は恐ろしいです。海をなめたらいけません。
Commented by shiratori8 at 2006-10-10 17:00
◆narugami_626さん、
 考えてみると、このような波が浄土ヶ浜の姿を造ったのでしょう。
となると、想像を超える歳月がかかっていることになります。
Commented by shiratori8 at 2006-10-10 17:01
◆いつも見ていますさん、
 いえいえ、準津波というより二日に渡って時化たので、津波以上と思われます。


<< 爆弾低気圧の異人館の被害      剣の山を越える荒波 >>