2017年 07月 16日
真木沢旧道探索
地図はここ
 真木沢橋、思案坂大橋のたもとから沢の上流に向かって旧道がある。
戦時中、軍用道路として造られた道で一般人の通行はできなかったそうです。その後、昭和32年に木の橋が竣工されたのでした。それまで村人は通称、思案坂と言われる人しか通れない急な道しかなかったのです。槇木沢橋の東にある、谷を渡る破線がその道です。

 
 槇木沢橋は昭和40年の完成なので、旧国道の木の橋は八年しか、その役目をおえなかったようです。

この滝の上に架かっていた。
f0011632_11222438.jpg





 60年の歳月を経ても木の構造体は残っていました。
きっと、栗材なのでしょう。

f0011632_1343636.jpg

f0011632_13432534.jpg


 南に向かって左が真木沢橋、右が思案坂大橋。
f0011632_13462661.jpg


詳しくはみやこわが町7月号を参照してください。
[PR]

by shiratori8 | 2017-07-16 10:18 | 出来事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/27976939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 帆船 海王丸が寄港      鵜の巣断崖隧道探索 >>