2016年 12月 27日
北山崎 最終回
 北山崎へ向かう真っ直ぐな道。昔は北部陸中海岸有料道路でした。
f0011632_12533433.jpg




 普代の港から村道を走って明戸まで頭の中に記憶した地図を頼りに進む。
現在の集落からかなり高い地点に明治29年三陸大津波の到達点を示したプレートがありました。
f0011632_1353998.jpg
f0011632_1354783.jpg
f0011632_1355411.jpg


 そして明戸地区に降りる道がここ

 このカーブでも凄い。
マスター写真撮影。
f0011632_13103063.jpg


 この先は地図でもつづら折りの表記なのですが、30メートル位の距離でジグザク。
f0011632_13153797.jpg


f0011632_1317680.jpg

f0011632_13372960.jpg


永遠につづら折りの道が続くかのような錯覚に陥る。
一箇所のカーブにミラーが二つ設置されています。それだけカーブがキツイのでしょう。
ロードバイクでは難なく通過出来ますが車だと相当大変なのではないかな?

下から見上げて見ました。まるで、ひな壇のような光景です。
f0011632_1324644.jpg
f0011632_13241871.jpg


 まだまだ、マスター知らない事ばかりです。
[PR]

by shiratori8 | 2016-12-27 13:08 | 三陸海岸景勝地 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/27393275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 年末年始の営業日のお知らせ      北山崎その2 >>