2016年 06月 09日
激が岩屋(ゲキガイワヤ)
 寛永二十年(1643)豊間根で隠れキリシタンと私銭鋳造という罪で子供を含む15人が処刑される事件があった。
 荒川福士の奥北の又に、その人達が、偽金を造ったと伝えられる激が岩屋を探索しました。

ここで車を置いて右の林道を行きます。

f0011632_804460.jpg




 行けばすぐ分かると言う情報でしたが、はたして。
林道を進む。

f0011632_822225.jpg

f0011632_82558.jpg

 その後はどんどん沢に降りてゆく。
踏み跡を辿りながら。

f0011632_845589.jpg


これかな?む~小さい。

f0011632_7591355.jpg

 
遂にそれらしい岩屋を発見。

f0011632_861763.jpg

f0011632_862471.jpg


高さ10m、奥行き7mぐらいでしょうか。

f0011632_883698.jpg
f0011632_884482.jpg
f0011632_892873.jpg
f0011632_893487.jpg
f0011632_894194.jpg
f0011632_895130.jpg


 時間が止まっているかのような空間でした。
一人ではとても来ることは叶わない場所がまだまだあるのです。

 車に戻って乗り込んだ瞬間、今の時間に引き戻された気がして、安堵感を覚えたのはマスターだけでなく相棒も同感だったと話していました。

   そして次の探索へ。
  
[PR]

by shiratori8 | 2016-06-09 08:19 | 街角発見 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/25313213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 豊間根、荒川、小川の奥平沢に在...      道端の落し物 >>