2012年 01月 04日
東京都へ瓦礫の搬送
 被災地だけでは瓦礫の処理が出来ない。
全国的な受け入れ態勢が進むと復興が進むと思うのです。

瓦礫の山からは発酵の為温度が上がり湯気が出ます。火災の心配もあります。


f0011632_14212654.jpg




 100人位は来たでしょうか、マスターはカメラマンの機材を見てました。
流石に違いますよ。

f0011632_1427739.jpg
f0011632_14272523.jpg
f0011632_14283612.jpg


 これが放射能を測る機械。自然界に普通にあるぐらいの値しか出てないそうです。

f0011632_14295488.jpg
f0011632_14301050.jpg

[PR]

by shiratori8 | 2012-01-04 14:34 | 出来事 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ijinkan2.exblog.jp/tb/17032712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 白鳥 at 2012-01-11 21:10 x
あけましておめでとうございます。マスター写真館復活本当にうれしく拝見しております。涙、涙…です。私の実家も宮古にありますので、遠く離れていても、いつもマスターの写真館でプチ里帰り気分を味わわせてもらっておりました。写真館の中で、ふるさとの海の色、空の色、日常の風景に触れ、これまでどんなに癒されてきたかわかりません。昨年は本当に大変でしたね…何十年、何百年に一度、海はあのような姿を見せるのですね…。でも、人間はずっとずっとその自然の中に生かされてきたのですね…。どうぞお身体に気をつけられ、これからも宮古の風景を撮り続けてください。ご健康を心より願っております。
Commented by じゃっかる at 2012-01-15 22:11 x
マスター写真館復活 うれしいです。
これからも時々覗かせていただきます。

宮古を離れて暮らす宮古出身の人たちにとって、マスター写真館のようなブログの存在は本当にありがたいです。
Commented by shiratori8 at 2012-01-16 06:51
白鳥さん。
ブログを始めてからもう何年も経ちますが、特に宮古市出身の方々が故郷を想う気持ちがこちらにも伝わってきます。
これからも頑張りますね。
Commented by shiratori8 at 2012-01-17 17:45
じゃっかるさん。
 何とか復活です。まだ、腰を落ち着かせた写真が撮れないですが、これからも宮古の風景を写していきます。ご期待下さい。
Commented by keikono2 at 2012-01-18 01:32
本当にお久しぶりです。
写真館、復活していて安心しました...。
皆さんも書かれているように、宮古に縁のある人々は、こちらのブログを楽しみにしていらっしゃることでしょう。
「何かしたい...」「何ができるだろう...?」との問合わせを私も受けることがあるのですが、
現地の声を発信して下されば、何かお役に立てることがあるかもしれません。
やはり、顔の見えない相手に義捐金を送るということよりも、もっと具体的に行動したいと思ってる方が多いのかもしれません。
そんな情報があれば、何なりとお知らせ下さいね。

まずは、マスターが少しでもカメラを持つ気分が復活したこと、とても嬉しく思っています。

それにしても・・・垣間見える木々が、とても1月の木々とは思えませんねー。
盛岡も、ほとんど雪は降っていないですが...冷え込みだけは、流石...1月の気候ですよー^^;
Commented by shiratori8 at 2012-03-02 09:29
keikono2さん

お気持ちありがとうございます。本当に皆さんからの励ましで頑張る気になれるのです。
何かありましたら相談させてください


<< 今年の冬は寒かった      瓦礫の分別 >>